トップページ ベアリング ロッドエンドベアリング ICソケット フレキシブルカップリング ダイナスキャン 会社案内
ファンモーター ステップモーター 計測機器製品 LED電源ユニット LEDバックライト リンクページ
通販トップページ   ベアリング通販 ロッドエンドベアリング通販 ファンモーター通販 ステッピングモーター通販 LEDバックライト通販 カップリング通販 通販特別価格品

ファンモーター技術資料
1.風量・静圧の測定
  AMCA STANDARD 210 によるダブルチャンバー方式により国際的に認められている方式で、最も信頼できる方式であります。
 
  注)上図は風量及び静圧の測定法の動作原理を示します。実際はコンピュータ方式による完全自動測定を行っているため、静圧用・風量用としてピトー管の替わりに静電容量変化型ダイヤフラム式 差圧伝送器により水柱値に変換されます。
 
  C: ノズルの流量係数 t : 温度(℃)
  D: ノズルの径(m) P: 大気圧(hPa)
  r: 空気密度 Pn: 風量差圧
    g: 9.8m/s
  静   圧: Ps (Pa)
最大静圧: 上図においてノズルを開閉しますと、Aチャンバー内の圧力が最大になります。 このとき
       大気圧とAチャンバー内の圧力差(Ps)を最大静圧といいます。
最大風量: ノズルを開放し、補助ブロアーにて静圧が零になるように Air を引き出す。 このとき
       Aチャンバー内の圧力差(Pn)が最大になり、この圧力差(Pn)より 上式から求めた
       風量を 最大風量といいます。
 
2.静圧と風量の単位
 
  換 算 値
静圧 Static Pressure IPa=1.0197×10-1mmH2o=7.501×10-3mmh
風量 1m3/min = 35.31 CFM = 1.667 × 10 l/s
3.ファンの直列運転と並列運転
  同一性能のファンを 2台直列または並列に運転した場合のファンの静圧風量特性は下図に示すようになり、直列運転では静圧が約2倍に、並列運転では風量が約2倍になります。
 
4.ファンの選定
  ファンを選定する場合には、下記の要領で行います。
    1) 装置内の発熱量を見積もる。
2) 装置内の温度上昇値を決定する。
3) 必要風量を試算する。
    H :
△T :
発熱量 (kW)
温度上昇値 (℃)
    4) 装置内のシステムインピーダンスを測定する。
   △P = KQn(Pa)
△P :
K :
Q :
N :
低下圧力 (m3/min)
定数。 装置ごとに実測する。
風量
装置内の空気の流れにより決められる値で、定常流の時 n=1、乱流の時 n=2 とするが、一般的には n=2 とする。
    5) ファンカタログの PQ特性によりファンを選定する。
6) 装置に実装し、温度上昇を測定する。
  例) 発熱量 300Wのとき、温度上昇値 T=10℃ とした場合
   
    システムインピーダンスを予測し、ファンを選定し、実装運転を行い、温度上昇を測定し、ファンの検討を行う。
5.騒音測定
  騒音測定は JIS C9603 を適用しています。
  D.C.ファン……吸入側より 1m にて測定
A.C.ファン……側面より 1m にて測定
   
6.ファンモーターの寿命について
   ファンモーターは自己冷却を行っているため、一般のモーターと比較して モーター自体の温度上昇が比較的低いので、モーターの寿命を左右する軸受部のグリースの温度上昇が抑制でき、長寿命を期待することが可能です。
 弊社ファンモーターでは 効率の良いモーター設計を行い、消費電力を抑えることにより自己発熱を抑制し、更に 軸受部・ケーシングの金属化により冷却効率の向上を図り、軸受部に加わる熱の影響を抑制する構造となっております。
 そして、軸受けには ベアリングメーカーである弊社の技術力と供給能力を生かし、信頼性の高いボールベアリングを全ての製品に使用しており、寿命・騒音・耐温度特性を考慮した設計を行っております。
この結果、D.C.ファンモーターにおいて 60℃の周囲温度において 40,000時間、100,000時間の寿命を達成しております。
 また、今後は 周囲温度 60℃で 200,000時間を達成可能な長寿命D.C.ファンモーターの新規開発に取り組んでおりますので ご期待ください。

戻る

トップページ 取扱商品のご案内 通信販売ページ
お支払いには
が使えます。
詳しくはお問い合わせください。